ワキ脱毛 方法 光脱毛

光脱毛は痛みも少なく処理時間も短いので人気の脱毛法です

脱毛専門のエステサロンで採用している脱毛法の多くは、
光脱毛といってむだ毛にライトを照射することで処理する方法です。

 

名称は様々ですが「光脱毛」「フラッシュ脱毛」「SSC脱毛」「IPL脱毛」など
照射するライトや使用する機械に違いがあるものの
ジャンル的に分類すればみんな同じ「光脱毛」です。

 

なぜ、多くのサロンがこの光脱毛を採用するのでしょうか?

そもそも皮膚科とサロンでは扱える技術(出力)に差がある

医療脱毛の定義は「毛包を破壊するかしないか」です。

 

皮膚科や美容外科であれば、高出力でのレーザー脱毛が可能ですが
サロンや脱毛エステなどでは同出力レベルで脱毛することができません。

 

失敗してしまうと危険性を伴ったり、高い技術や様々な判断が必要となるため
いわゆる「医療行為」にあたるからなんですね。

 

厚生省・医事課より「永久脱毛を業として行った場合は、医師法第17条の医業に該当し、
医師以外の者が行えば医師法違反となる」との回答が出されており、
医療機関以外では永久脱毛行為は禁止されています。

 

脱毛サロンなんかで「医療レーザー脱毛してますよ」とか「永久脱毛してますよ」
なんて言ったらこれは非常に怪しいです。

 

っていうかやっちゃいけない脱毛法です。

 

なので、現在サロンなどで採用されている脱毛法は
大きく分けると「光脱毛」か「ニードル脱毛(電気脱毛ともいう)」に分かれるというわけです。

 

エステサロンとなると、このどちらかを選択して
脱毛してあげるしかないというのが正直なところなんですね。

光とニードル、比べると痛みの大きさに違いがある

サロンで扱える脱毛法は大きく分けて「光」と「ニードル」の2種類です。

 

ニードル脱毛というのは、毛穴に針を差し込んで電流を流すことで
毛根を痛めつける方法。毛母細胞を弱らせてしまう脱毛方法です。

 

これ、聞くだけでも痛そうですが 実際にかなり痛いです。

 

さらに、結構な技術を要する上にやけどや炎症なそ
肌トラブルにもつながりやすかったりします。

 

脱毛効果は抜群なのですが、こういった高い技術が必要だと
サロン側も正直大変ですし トラブルも少ないくないんですね。

 

また、脱毛を受ける側としても痛くないほうがいいということになりますよね。

 

そうなると、需要的にもニーズとしても
「痛くない脱毛のほうがいいよね」となるわけで
自然と光脱毛を扱うサロンが増えた。ということですね。

光脱毛は短時間で脱毛処理ができる

光脱毛やフラッシュ脱毛のいい点は、痛みが少ないということもありますが
なんといっても処理をする時間が短い点。

 

光脱毛で両脇脱毛した場合は一般的に5〜10分程度ですが
ニードルなどの場合は毛穴1つ1つに対して処理が必要なので
同じ両脇の脱毛でも1時間近くかかってしまうんですね。

 

そのため、短時間で済ませられる光脱毛のほうが
お客様にも喜ばれますし、サロンとしても回転率が高いので
採用される傾向にあるというわけです。